Happyダートスポーツ

月刊【ダートスポーツ】編集部の公式ブログ。様々なモトクロス・エンデューロ情報はもちろんのこと、取材時の裏話や新商品、各地のレース情報などをアップします。海外ネタなど、雑誌よりも早い情報もアップしていきます。

バックナンバーメモリー

ダートスポーツ編集部には過去号のバックナンバーが揃う本棚があります。
時折過去の本を見ることがあるのですが、懐かしい思い出や、その後トップライダーとなった選手の幼少時代などが見られて、つい時間を忘れてしまいます! ということで不定期にアップするかもしれません。

バックナンバーメモリー



今回は2007年4月号から。
表紙はスーパークロスアナハイム会場で、練習走行に行く寸前のケビン・ウィンダム選手。
忙しいのに、快くカメラに収まってくれました!



バックナンバーメモリー


ライダーとして強さを見せていたジェームズ・スチュワート選手に対抗したチャド・リード選手。彼が2020年シーズンまで現役で走っていたことに、改めて驚愕、敬意を感じますね。コロナウイルスの影響で延期騒動となってしまっていますが、最後の舞台を多くのファンの前で披露していただきたいですね!

バックナンバーメモリー


このアメリカ取材で渡米時に、ナイター練習を見に行ったスターウエストというコースで、マイケル・クレイグさんに声をかけられました。
90年代に活躍したマイケルさんは、ジャパンスーパークロスでの来日の思い出が良いものだったようで、日本人の我々に気さくに声をかけてきたのです。
「俺の息子、メチャ速いので、近い将来プロで走るんだ」と、クリスチャン君(赤いホンダTシャツ着用)や家族、その友人を紹介されました。
実際速いし、上手かったですね。しかも素直でいい子でした!

バックナンバーメモリー


マイケルさん一家に夕食を食べていけと誘われて、トレーラーの中に入れさせてもらいました。
パスタご馳走様でした。ジャパンスーパークロスの写真が出てきたので、よほど楽しい思い出があったのでしょう。
クリスチャン選手はその後重大な負傷からの復帰や、引退復活を経て、今、下田丈選手と同じGEICO HONDAのメンバーとして活躍中です。
これからも素敵なバイクライフを過ごして欲しいです。

バックナンバーメモリー


この号で掲載されたダートスポーツ杯多度チャンピオンシップ。50ccで活躍したのは現在IAライダーの鈴村英喜選手。

バックナンバーメモリー


65ccで活躍したのは大城魁之輔選手! 

バックナンバーメモリー


チャレンジャー80でデビューウインしたのはエンデューロISDEでも参戦した前橋孝洋選手!
また菅原悠花選手も、その後全日本MXレディース、JNCCで活躍中ですね。

多度は小島兄弟や稲垣兄弟など、多くのモトクロスライダーを輩出したコースでした。
その思い出はダートスポーツの中に生きています。








同じカテゴリー(バックナンバーメモリー)の記事

 
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


ログインカテゴリ一覧